引越しが決まったら?

引越しをするなら、やはり少しでも簡単に楽々に、そしてストレスフリーな引越しをしたいものです。しかし、引越しによるストレスを軽減するためには、なんと言っても引越し前までの準備がとても大切です。

引越しをする前にはいろいろな手続きで走り回らなければいけない事も多いものです。たとえば市役所の転出届けは転出予定日の2週間前から受け付けてくれますから、忙しい時間の合間をぬって必ず本人が役所に行って手続きしましょう。子供がいる家庭なら市の教育委員会に届け出る事も必要になりますし、国民健康保険や国民年金などの手続きも転出届を提出する際に同時に行う事ができます。何度も役所に足を運ぶことがないように、一度で全部済ませたいですね。

郵便局に郵便物の転送サービス依頼をするのも忘れてはいけません。新居がすでに決まっている場合には、転出前に提出しても構いませんし、新居が決まるまで時間がかかりそうな場合には、郵便物を郵便局止めにしてもらったり、または別の場所へ一時的に転送してもらうなどの処置を取る事も出来ます。

クレジットカードや定期購読している雑誌なども住所変更が必要になります。新居の住所が分かり次第、各業者に連絡しましょう。たいていの場合にはオンラインで住所変更できるか、電話一本で住所変更できることが多いので、手続き自体はとても楽です。

引越しをする際には、引越し業者が梱包してくれる家財道具以外にも、手に持つとしてもって行きたいアイテムも多かれ少なかれあるはずです。例えば着替えや歯ブラシ、引越しの手続きに必要となる各種書類などもあるでしょう。会社の辞令も梱包されないように手荷物として携帯しなければいけません。

香川の特徴紹介

のどかな田園風景が広がる香川県は、四国と本州を結ぶ瀬戸大橋がかかっている地域。二十四の瞳の舞台となった地域でもあります。二十四の瞳を記念して映画村もあるので、香川を観光で訪れる際には、まず映画を見てから映画村を訪れると良いでしょう。

また、雄大な瀬戸大橋を近くで見たり遠くから見たりする事ができる瀬戸大橋周遊クルーズなども季節限定で行われているようです。通年ツアーではないのが残念ですが、クルーズにあわせて観光するのも悪くないかもしれませんね。

香川を訪れてぜひ観光したいマストスポットの一つに、屋島があります。屋島は源平合戦の洗浄としても知られている場所で、溶岩台地が屋根の形をしていることから屋島と名づけられたのだとか。屋島には源平合戦を思い起こさせる多くの名所があるので、ぜひ一つ一つ回ってみてはいかがでしょう? 平家が船を隠したといわれている船隠し、扇を的にして矢を放ったとされる祈り岩など、興味深い名所がたくさんあります。

香川県を代表するグルメといえば、讃岐地方の讃岐うどんではないでしょうか。香川県のお土産としてもナンバーワンの讃岐うどんは、やっぱり香川を訪れたら本場の味を一度は味わってみたいグルメと言えるでしょう。香川には讃岐うどんを食べさせてくれるうどんやさんがなんと800店舗以上もあるといわれていて、日本の中ではナンバーワンのうどん大国でもあるようです。讃岐うどんを使った「年明けうどん」は縁起もののうどんとしても人気があります。お土産にもお勧めですね。

Copyright © 2016 香川県の引越し業者【もっとも安い引越し屋さんはドコ?】 . All rights reserved